沿革概要
大正8.2.18 時の射水郡長南原繁氏の提唱により計画され、射水郡立農業公民学校設立認可
大正8.2.24 開校(乙種)、修業年限3年
大正8.9.17 開校式挙行(以来この日を創校記念日に制定)
大正11.4.1 富山県に移管され、富山県立小杉農業公民学校と改称
昭和13.4.1 富山県立小杉農学校と改称
昭和22.10.30 天皇陛下行幸、生徒の実習を御視察
昭和23.4.1 学制改革により富山県立小杉高等学校と改称
昭和23.9.1 高等学校再編成により普通科を設置し、男女共学総合制高校となる。
昭和36.10.20 体育館完成
昭和42.10.6 昭和41・42年度文部省指定生徒指導研究推進校として、全国発表会を開催
昭和48.12.20 格技場完成
昭和54.8.18 創校60周年記念式典挙行
昭和58.8.2 後館特別教室棟竣工
昭和61.4.1 農業科学科(1学級)新設、普通科5学級に増級
昭和62.7.30 第2体育館竣工
平成元.10.7 創校70周年記念式典挙行
平成3.3.28 トレーニングハウス完成
平成6.7.22 第1体育館竣工
平成7.3.31 普通科・農業科学科募集停止
平成7.4.1 総合学科(5学級)新設 (総合学科第1期生入学)
平成11.10.9 創校80周年記念式典挙行
平成15.4.1 総合学科4学級に減級
平成20.2.29 第2柔道場完成
平成21.4.1 総合学科3学級に減級
平成21.9.18 創校90周年記念式典挙行
平成22.4.1 総合学科4学級に増級