校外学修
◆目 標

@ 本校の施設・設備の関係上、習得できない内容を学習できる場として活用する。
A 系列学習に広がりを持たせることで、学習意欲の向上をはかる。

◆計 画

@ 大学や県内施設などと連携を図り、課業中の放課後や土曜日および夏期休業中に実施し、その成果を単位として認定する。
A 幅広く学ぶことで、学習に対する興味・関心を高め、積極的に学ぼうとする姿勢を育てる。

◆実施内容

富山大学(五福キャンパス)
「日本の歴史と社会」、「西洋の歴史と社会」、「市民生活と法」、「国家と市民」、
「こころの科学」、「生命の世界」、「技術の世界」、「睡眠の科学」
〈活動報告会〉
富山福祉短期大学
「保育と表現実技」
富山国際大学
「異文化理解」
富山ガラス工房
「ガラス工芸」
各種教育施設
「ボランティア活動」